デザインとは、物を売るプロセスであると同時に、そのプロセスにおいてデザインしたものをも指す言葉ですが、デザインは世界をカタチづくり、市場に様々な状況や機械に応じて新商品、システム、サービスを生み出す上で重要な役割を果たしています。デザインを使ってビジネスにより多くの価値を付加することはできるか、デザインはビジネスにおいてどのような役割を果たせるだろうかを常に考え、創造的な見方だけでなく、分析的な側面からも考え結果を出すことをデザイナーやクリエイターにも求められています。

そういう意味では、「デザイン」はカタチや色ではなく、総合的な戦略・ビジョンや成功までのプロセスを含むものそのものであり、まさに、戦略的なゴールと目標を達成するための価値ある手段です。

最近では、デザインが経営にも浸透し、その商品やサービスが顧客を魅了しているという企業も増えてきました。
デザインとは、目標を成功に導き、成果をあげさせるためのもので、マーケティング・マネージメントなどと同等のビジネスに必要な概念です。
さらにもっとデザインの役割を理解する人が増えると良いですね。