Site icon ブランディングデザイン事務所 | Re Simple inc.(リシンプル)

コロナ不況でネット販売を始めるなら補助金が出る今がチャンス!!

コロナ不況でネット販売を始めるなら補助金が出る今がチャンス!!

2020年4月、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令により首都圏を中心に多くの店舗が営業自粛へ。「ネットでモノを売る」に活路を見出す動きが加速、コロナ自粛に悩む多くの事業者が、ネットを通じて販売を支援している特設サイトなどを利用しています。

ただし、こういった特設サイトは一時的なものになるので、いずれは、事業者自ら店舗営業と併用して「ネット販売」を始める必要があります。そこで、これからネット販売を始めたいという方に知っておいて欲しいのが、日本商工会議所が募集する『小規模事業者持続化補助金』です。

小規模事業者持続化補助金とは

日本商工会議所や全国商工会連合会の支援を受けながら経営計画を作って申し込めば上限50万円までの補助金がもらえるという制度です。

※新型コロナウイルスに対する処置として、法人設立日が令和2年1月1日以降の法人または、開業日が令和2年1月1日以降の個人事業主の場合、上限金額が100万円となります。

小規模事業者持続化補助金の目的については、下記のように記されています。

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」という。)が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。
引用元:日本商工会議所|小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金の対象と条件

小規模事業者持続化補助金を申し込める方の主な条件をまとめると以下のようになります。

Exit mobile version