Branding

ブランディングについて

Good Branding

ブランドが利益を守る。
さらには、利益を増幅する。

なぜブランドが必要なのか

お客様に満足感や安心感を与え、それが商品やサービスを使い続ける理由となることこそが最大のファクター。商品やサービスの魅力を最大限にし、お客様に「未来の新しい自分」を想像させることができる企業だけが、競合企業と差別化されお客様に選ばれるのです。
企業の経営戦略とブランド戦略は切っても切れない存在。これからは「メリット・優位性」だけのブランド戦略では通用しません。

自己満足しない戦略を
良い商品・サービスであるのは当たり前

これは良い商品だと、自社の商品やサービスを過信する企業は多いです。でも、それは当然のこと。どの企業も「良い商品」だと思っているから売るのです。

当然ながら競合企業も同じように努力しています。これだけインターネットが発展したことで、情報の伝達はスピーディーですし、いくらオリジナルなアイデアで先行しても、すぐに追いつかれてしまいます。同じような価格で同じようなクオリティーの商品が立ち並ぶ現代では、差別化が必要です。

つまり、今の時代は商品やサービスが一定のクオリティーに達しているのは当然であり、それだけでは「お客様が買う理由にならない」ということなのです。

デザイン・ブランドに求められるモノ

どう見てもらうかではなく、
「どう魅られるか」

デザインの重要性についての理解は徐々に得てはいますが、実際に多くのデザイナーや企業が勘違いしているのは、どう見てもらうかに注力してしまっていること。デザイナーの知識や経験を注ぎ込むべきところは、「お客様にどう魅られるか」です。

そもそも、デザインや広告は「見られていない」ことが前提です。そこにいくら「見せる仕組み」を作ることは、ただの自己満足にすぎません。
もちろん、一発屋で売ると考えるのであれば、見せる仕組みだけでいいかもしれません。しかし、それだけでは正直、お客様は商品やサービスずっと継続し続けてくれる「顧客」にはなりません。

企業が本当に求めていることは、勝手に「売れる」ようにし、さらに売れ続けることで利益を積み上げ続けることです。それを実現するためには、お客様を魅了し「ファン」にさせ、ファンに対してコンセプトをどう理解してもらうかというコミュニケーションが必要となります。
だからこそ、「見てもらう」というサービスを提供する側の主導権ではなく、お客様主導で「見たい」となるようにコントロールするためには、「どう魅られるか」が重要なのです。

ブランドのビジョンを明確化し、
段階的に価値を高める

ブランドといっても、短期間で「ブランド」は出来上がりません。また、「コレをすれば良いです」といった黄金法則もありません。

ブランドは、企業の想いやビジョン、そしてコンセプトをしっかりと伝える作業です。だからこそ、同じものはありません。お客様が「こんな風に感じてるなー」「どう思っているのかな?」、そういった細かい部分から全てが始まります。どんなものにも段階があり、価値を共に高めていくことで、利益を積み上げ続けることが最も喜びとなります。小さな「デザイン」を積み重ね、大きなブランドを企業と一緒になって構築していく、コレが私たちの仕事と誇りです。

ブランディングで成長し続け、
さらに安定した効果を持続させます

ブランディングのビジネス効果

  • 価格競争から「絶対的な価値で勝負できる」
  • 流行に左右されない「不動の地位を手に入れる」
  • ファンが自分から「手を上げて欲しいと言ってくれる」

他と一緒にしないで欲しい、
ブランディングが選ばれる3つの理由

問題を根本解決できる
ブランディングを行う際に必要なのは、どの部分に問題点があるかです。見た目という表面だけではなく、根本的な問題から解決し、しっかりとした土台を作り上げます。
一貫した制作が可能
マーケティングからデザイン、さらには検証・改善まで様々な分野を一括してご依頼いただけます。さらに、一括できるからより深い価値を提供できます。
利益を積み上げ続ける
ブランディングは「売れ続ける」ための価値を提供すること。ただ、多くの他社は単なる「単発」しかできません。売れ続ける仕組みを提供できます。

ブランドのその先にあるもの

ブランドを構築することは、お客様に対して、安心・信頼を届けることです。ロゴ・ウェブページ・チラシといったもの全てがブランドの顔であり安心・信頼に影響します。しかし、この細かい部分にまで「ブランディング」という考え方や、どう反応を取るのかというダイレクト思考を浸透させている企業は少ないです。

どこの企業も、商品やサービスにも、すべてのものに安心・信頼というのは必要な要素です。ブランド構築は、大きい小さいに関係なく全ての企業に必要なのです。

お問い合わせ

サービスや製品に関するご質問・お問い合わせは、以下よりご連絡ください。

TEL: 06-4866-6888 (月〜金 10:00〜18:00)

お問い合わせはこちら