Branding


なぜブランドが必要なのか

お客様に満足度や安心感を与え、そしてまたその商品やサービスを使う理由となる事こそが最大のファクター。商品やサービスに付加価値を提供し、新しい自分のイメージを想像させることができる企業だけが、ライバル企業と差別化でき、お客様から選ばれるのです。ですから、企業の経営戦略とブランド戦略は切っても切れない存在。これからは「メリット・優位性」「なんとなく」のブランド戦略では通用しないのです。



良い商品・サービスであるのは当たり前

良い商品だと、自身の商品やサービスを過信する企業も多いですが、それは当然なこと。どの企業も「良い商品」だと思っています。

この時代に、商品やサービスが一定のクオリティーに達しているのは当然であり、それだけでは足りないのです。当然ながらライバル企業も同じように努力しています。これだけITが発展したことで、情報の伝達はスピーディーですし、いくらオリジナルなアイデアで先行しても、すぐにライバルに追いつかれてしまいます。

同じような価格で同じようなクオリティーの商品が立ち並ぶ現代では、差別化がしにくいのです。

どのように見てもらうかではなくどう魅られるか。

デザインが重要であるということに対して理解を徐々に得てはいますが、実際に多くのデザイナーや企業が勘違いしているのは、どう見てもらうかではなく、どのように魅られるかに、本当に自分の知識や経験が注ぎ込まれているかということです。

そもそも、デザインや広告は「見られていない」ことが前提。 そこにいくら「見てもらう仕組み」を作ろうが、ただの独りよがりです。

また、「売る」というアプローチでは、正直顧客は一時的に購入したとしても、ずっと継続し続けて商品やサービスを愛用してくれません。本当に企業が求めていることは、勝手に「売れる」ようにし、さらに売れ続けて利益を出し続けることであり、また、それを実現するためには、顧客が心の底から、「ファン」になれるようなコンセプトをどう伝えるかというコミュニケーションが必要となります。 だからこそ「見てもらう」という主導権が、サービスを提供する側ではなく、「どう魅られるか」という顧客主導をコントロールすることが重要なのです。

ブランドのビジョンを明確化し
段階的に価値を高める

ブランドといっても、短期間で「ブランド」は出来上がりません。また、「コレをすれば良いです」といった、黄金法則もありません。

ブランドは、企業の想いやビジョン、そしてコンセプトをしっかりと伝える作業であり、だからこそサービスや企業によって同じものはありません。顧客が「こんな風に感じてるなー。」「どう思っているのかな?」そういった地道な部分から全てが始まります。どんなものでも段階があり、その価値を共に高めていくことで、売上を上げ続けることを最も喜びとしており、小さな「デザイン」を積み重ね、大きなブランドを構築していく、コレが私たちの仕事と誇りです。

ブランドのその先に

ブランドを構築することは、お客様に対して、安心・信頼を届けることです。どこの企業も、サービスも商品も、すべてのものに安心・信頼というのは必要な要素なはずです。ただ、ロゴ・ウェブページ・チラシといった部分にまでこの「ブランディング」という考え方や、どう反応を取るのかというダイレクト思考を浸透させている企業は珍しいと言えます。ブランド構築が必要なのは大きな企業だけではもうないのです。