スマホが普及し、「いま」「その時」に必要な情報を「手元」で検索できるようになった現代では、Googleマイビジネス対策が欠かせません。

Googleマイビジネス対策とは「心斎橋 サロン」といったローカル検索でお店を見つけてもらいやすくするための対策です。Googleマイビジネス対策することで来店動機の高い見込み客に、あなたのサロンの魅力を効率よくアピールすることが出来ます。

本記事では、Googleマイビジネス対策について詳しく解説、業者に依頼せずに出来る方法についても紹介しているので、ぜひあなたのサロンの店舗集客の参考にしてください。

Googleマイビジネス対策とは

そもそも「Googleマイビジネス対策」とは、どういったものなのかを説明します。

Googleマイビジネス対策は、GoogleマイビジネスでMEOやローカルSEOと呼ばれる、「場所+業態」での検索上位を狙うことです。

MEOとは、「マップエンジンの最適化(Map Engine Optimization)」 の略です。
ここでのマップは「Googleマップ」のことを指し、Googleマップにおいて、お店のローカル検索順位を高めることを「MEO」と呼びます。

ローカル検索とは、「心斎橋 サロン」「近くのネイルサロン」のように、ユーザーが今いるエリアから近いお店や施設を探す際に使われる店舗検索方法です。

スマホが普及し、「いま」「その時」に必要な情報を「手元」で検索できるようになったことで、このローカル検索を使ってお店を探すユーザーが増加しています。また、ローカル検索から実店舗への来店率の高さから、サロンなどの店舗型ビジネスにおけるMEOの注目度が高まってきています。

MEOとSEOの違い

MEOとよく勘違いされやすい「SEO」は、「サーチエンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略で、MEOとは全く別もの。SEOは、ホームページの検索順位を高めることですが、MEOはGoogleマップでのGoogleマイビジネス(あなたのお店の情報)の検索順位を高めることです。

Googleマイビジネスは、さまざまなGoogleサービスGoogle検索やGoogleマップなど)上にローカルビジネス情報を表示し管理することができる無料ツールのことで、「Googleマイビジネス」に登録するだけで、Googleマップであなたのお店の基本情報やメニューの写真、地図、ホームページなどを表示させることができます。

このGoogleマイビジネスを活用することがMEOにつながるので、ここではわかりやすくGoogleマイビジネス対策として説明しています。

つまり、Googleマイビジネスに登録することが、「場所+サロン」といったローカル検索でお店を見つけてもらいやすくするためのGoogleマイビジネス対策の第一歩ということです。

→ Googleマイビジネスの登録はこちら

Googleマイビジネス対策の具体的な方法

では、具体的にGoogleマイビジネス対策はどうすればいいのかを解説していきます。
まず、実際にこのGoogleマップでのローカル検索の順位を決めているのは誰か?それは、もちろん「Google」になります。

Googleでは、ローカル検索の記載順位について以下のように言及しています。

ユーザーが現在地付近のビジネス情報や場所を検索すると、ローカル検索結果がここには、Google マップや Google 検索を横断して多数の場所が表示されます。たとえば、モバイル端末で「イタリア料理 レストラン」と検索すると、ローカル検索結果として、ユーザーが行きたくなるような近くのレストランが表示されます。

ローカル検索結果に表示されるビジネスの掲載順位は、Google マイビジネスを使って改善できます。

【掲載されていないビジネス情報の改善】
ビジネスの所在地で関連性の高い語句を検索しても、ビジネス情報が表示されない場合があります。Google マイビジネスの管理画面を使って、ビジネスがローカル検索結果として表示される頻度を最大化する方法を以下に示します。Google マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力すると、ローカル検索結果の掲載順位が改善し、Google 検索や Google マップで効果的にビジネスを宣伝できます。

【詳細なデータを入力】
ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。必ずすべてのビジネス情報を Google マイビジネスの管理画面に入力して、ユーザーにビジネスの内容、所在地、営業時間が表示されるようにします。入力する情報は、実際の住所、電話番号、カテゴリ、属性などです。ビジネス情報は必ず最新の状態を保つようにしてください。

【ビジネスのオーナー確認】
ビジネスのオーナー確認を行うと、Google マップや Google 検索のような Google サービスにビジネス情報が表示される可能性が高まります。

【営業時間の情報を正確に保つ】
祝祭日や特別イベント向けの特別営業時間も含め、営業時間を最新の情報に保つことで、見込み顧客は営業時間を把握でき、安心して営業時間中に店舗を訪れることができるようになります。

【クチコミの管理と返信】
ユーザーが投稿したビジネスのクチコミに返信すると、ユーザーとのつながりを作ることができます。さらに、クチコミに返信することでユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、見込み顧客が店舗を訪れる可能性が高くなります。クリックするとクチコミを書き込めるリンクを設けて、ユーザーにクチコミの投稿を促しましょう。

【写真を追加】
リスティングに写真を追加すると、商品やサービスに焦点を当てることができ、ビジネスの内容を紹介しやすくなります。的確で訴求力のある写真を掲載すれば、求めている商品やサービスがあることを見込み顧客にアピールできます。

【ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み】
ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

【関連性】
関連性とは、検索語句とローカルリスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

【距離】
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

【知名度】
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Googleでのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEOの手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

Googleでは、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキングシステムを構築するために機密情報となっています。

引用元:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

ここで、はっきりとローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組みについて記載されています。

「主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます」

さらに、

「遠い場所にあるビジネスでも、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります」

そして、

「Googleでは、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません」

つまり、関連性・距離・知名度のうち、距離についてはどうすることもできないので、「関連性」と「知名度」を最大限に高めることがGoogleマイビジネスのポイントになります。
また、Googleマイビジネス対策をすれば、場所が遠くても膨大な広告費をかけなくても上位に表示される可能性があるということです。

Googleマイビジネス対策がサロンにとって重要な理由

Google検索結果の最初の画面を見れば、サロンにとってGoogleマイビジネス対策がどれだけ重要かがすぐにわかります。

Google検索では、例えば「腰痛 心斎橋」と検索すると、このような検索結果になります。

「腰痛 心斎橋」の検索悔過とGoogleマイビジネスの表示例

一番上に、Googleリスティング広告が表示され、その次にGoogleマップでの検索結果上位3ビジネスが、Goolgeオーガニック検索での検索結果(SEOの対象)となります。

つまり、SEOの対象となっているホームページよりも、さらには、ホットペッパービューティーなどのポータルサイトよりも、上部にGoogleマップでの検索結果上位3ビジネスが表示されます。さらに、この上位3ビジネスには、Googleマイビジネス対策次第で全てのサロンに入り込める可能性があるんです。

MEO対策を業者に依頼するといくらかかる?

※Googleマイビジネス対策をMEO対策として提供している業者が多いので、ここではあえてMEO対策と記載しています。

数年前までは、サロン経営者の方のほとんどが、まずはホームページのSEO対策に投資しているところがほとんどでした。しかしながら、ここ数年ではSEO対策よりもMEO対策を強化する方が店舗集客が見込めるということで、弊社でも、お客様からMEO対策に関するたくさんのお問い合わせを頂くことが増えています。

MEO対策を代行して行う業者のことを「MEO対策業者」と呼び、MEO対策と検索すると、検索結果はMEO業者の広告で埋め尽くされるほどです。

MEO対策を業者に依頼した場合の相場として、キーワード数や契約期間などによって変動はありますが、成果報酬であれば日額900円~1,200円程度、月額固定であれば20,000円~30,000円のところが多いようです。どちらにしても、契約期間は6ヶ月~12ヶ月が一般的です。

まずは業者に依頼せずに出来ること始めましょう

さきほど、Googleマイビジネス対策のポイントは「関連性」と「知名度」を最大限に高めることと言いました。そのためには何をするべきか。

Googleマイビジネスに登録したら、しなければならないことはこれ。

・サロン情報の最適化
・写真枚数の増強
・クチコミ数の増強と評価の向上
・最新の情報発信の頻度向上
・リンクするWEBページのSEO強化

当然ながら、あなたのサロンの基本的な情報を掲載することです。定休日や営業時間だけでなく、祝日や特別営業などは営業時間を最新の情報に保つことが大事です。そして、どのような内容のメニューがあるのか、他のサロンとの違いや独自の魅力をユーザーにわかってもらために、お店の雰囲気が伝わる店舗の写真なども必要です。

そして、Googleマイビジネス対策の中でもあなた自信が頑張ってほしいのが、「クチコミ数の増強と評価の向上」の向上です。お客様にクチコミを書いてもらい、あなたがクチコミに対してしっかりと返事をする。これがGoogleマイビジネス対策の中でも特に重要になります。

これらは、業者に頼んでも簡単にできることではありません。このことをしっかりするだけで、業者に依頼しなくても上位表示される可能性は充分にあります。

Googleマイビジネス対策の次に意識したいのがホームページ

やはり、Googleマイビジネスを活用してWeb集客ができたとしても、ホームページとの連携は欠かせません。実際に、Googleも、リンクするWEBページのSEOなども評価の対象にすることは言及しています。

また、ホームページ自体は、あなたのサロンのWeb上での顔でもあり、全ての集客の受け皿となります。Googleマイビジネスもそうですが、TwitterやInstagramといったSNSでの集客に注力されているサロンも多いはず。ですが、こういった無料サービスは、いつか突然消える可能性があります。ホームページは、管理・更新を怠らなければ確実に存在し続けます。

そして、ホームページがあり、サロンの情報やオーナーの名前がきちんと記載されていれば、お客様への信頼にも繋がります。特に、プライベートサロンの場合は、お客様にとってホームページの情報はあなたが想像しいる以上に重要です。

お客様の不安を取り除き、安心感を与えるために最適なツールがホームページです。だからこそ、Googleもローカル検索においてWEBページの情報も評価の対象にしているのです。

リシンプルでは、あなたのサロン独自の価値を見出し、それを最大限に活かしたホームページの制作を得意としています。

ホームページのことや、Googleマイビジネス対策、集客のことでお困りでしたら、些細なことでもお気軽にご相談下さい。

→ メールでのご相談はこちら