デザインを描くためにフォントは、とても重要と言えます。
英語フォントはたくさんあるのに、どうしても日本語フォントの種類が増えず、いつも同じようなテイストになってしまうことも多くあります。全てのライセンスを取得するとなると、莫大な費用もかかるし、かといって、そのままでも面白みがない。

フォントが無料で、しかも「使える日本語フォント」はないものか。

ということで、今回はデザインとして「使える」「無料」に特化した
日本語フォントを紹介します。

利用規約は、商用可能なものを紹介しますが、利用規約を内容は一度必ず確認をしましょう。

Google Noto Fonts(源ノ角ゴシック)

Noto はすべての人が、複数の言語を扱うようなページでも読みやすいと感じられるようなものを目指して作られているようで、その目標の通り、かなり多くの言語を網羅して、かつそれぞれの言語で読みやすいフォントの特徴を活かした形で作られています。このフォントは、Adobeでもともと開発が進められていたSource Sansに、GoogleがオープンソースのPan-CJKに興味を持ち共同開発をスタートさせ。Adobeでは同様のフォントが「Source Han Sans」という名前で公開されています。

日本語としても、非常に使いやすく、読みやすい。特に注目すべきなのは、フォントのウェイトがかなり多いこと。
日本語は、あまり多くのウェイトがあらず、高いライセンス料を払わないと使用できないものが多かったですが、こちらは無料で使えるので大変重宝します。

Google Noto Fontsのダウンロードはこちら

ロゴたいぷゴシック コンデンスド

フリーフォントのロゴたいぷゴシックコンデンスドは無料でダウンロードできる書体です。また商用・非商用問わず使用可能なので、安心してダウンロードしてください。ロゴデザインやタイトルロゴ、見出し向けの漢字も含まれる日本語フリーフォントになります。すこし長体(縦に長い)の独特なデザインを出しています。

すきっとしたフォントなので、女性向けのサイトなど、おしゃれなものに使うと良いでしょう。

ロゴたいぷゴシックコンデンスドのダウンロードはこちら

ロゴたいぷゴシック

ロゴデザインやタイトルロゴ、見出し向けの漢字も含まれる日本語フリーフォントで、ロゴ向けフォントのかっこいい感じと、少しやさしくてエレガントな柔らかいデザインが特徴です。ロゴたいぷゴシックコンデンスドと使い分けて、利用してください。

ロゴたいぷゴシックのダウンロードはこちら

やさしさアンチック

「アンチック体」とは、ゴシック体の漢字にあわせた太い明朝体の「かな」が組み合わされたフォント。通称「アンチゴチ」として、マンガの吹き出し、辞書の見出しや絵本などに多く用いられています。普通のアンチック体よりも太さの差が少なく、漢字との統一感が高いデザインの漫画用フォントです。

コメント文字などに利用ができ、少しコミカルなものから、見出しとしても利用できますので、重宝します。

やさしさアンチックのダウンロードはこちら

源柔ゴシック

源ノ角ゴシックの角の部分を丸く加工した丸ゴシックフォント。個人・商用サイトで無料利用可で、同人誌や各種印刷物など問題ありません。
源ノ角ゴシックが元になっているので、小さい文字になってしまった場合でも、非常に読みやすいです。

雰囲気を柔らかくしたいときに使用すると効果的です。

源柔ゴシックのダウンロードはこちら

IPAフォント

IPAフォントは、誰でも無償で利用できる、高品位を目指した日本語フォントです。
すっきりとしたフォントなので、どんな場面でも活躍できるフォントで、使用頻度も高くなるでしょう。

IPAフォントのダウンロードはこちら

はんなり明朝

明朝体の日本語フォントで、築地体を参考にした書体です。やさしくて、ふんわりとした、ひらがなとカタカナをデザインしています。
漢字と英数字、記号などはIPA明朝体で補っています。

落ち着いたデザインに利用しやすいフォントです。

はんなり明朝のダウンロードはこちら

あおぞら明朝

新聞の見出しのような極太明朝からペン字のような極細明朝まで全7ウェイトが揃った明朝体。ウェイトが7つのあるので、いろんなパターンに利用できます。
漢字と英数字、記号などはIPA明朝がベースとなっています。

あおぞら明朝のダウンロードはこちら

ぼくたちのゴシック

ちょっと太めで、子供っぽい日本語フォントです。少し抜けた感じなので、コメント文字などに利用できます。

ぼくたちのゴシックのダウンロードはこちら

はれのそら明朝

角丸ですっきりとした明朝体です。少しの墨だまりと、オールド系明朝体のエッセンスを含んだ日本語フォントです。

はれのそら明朝のダウンロードはこちら

今回選んだのは、「使える日本語フォント」。
手書きフォントなどを合わせると、かなりの数がありますが、どうしてもフォントとしては利用する機会がなく、インストールしても一度くらいでほとんど使わないことが多いことを考えると、無駄なインストールでパソコンの読み込み速度を遅くするより、より効果的なフォントだけをインストールしていることの方が良いと判断しました。

なお、日本語フォントでは、異なるウェイトが沢山あるというのは、とても重宝します。
そういった意味では、今回紹介したものは、皆様がご存知のほんとばかりかもしれませんが、「まず、日本語フォントは何をダウンドードすればいいのか?」と悩む方には、今回紹介したフォントは是非ダウンロードいただきたいと思います。

モリサワフォントなど、多くのフォントが使用できるフォントも、高価ではありますがインストールしたとしても
実際に使用するフォントは、案外決まってくるという経験からも、実際使用しやすいフォントのみをインストールしておくだけで十分だと思います。

永井 洸太朗

永井 洸太朗

アートディレクター / クリエイティブディレクター マーケティングからデザインまで、幅広い知識と技術で、クライアントへ最高のパフォーマンスを提供するディレクター

%d bloggers like this: